弁護士に相談

交通事故に遭って被害者になってしまい、怪我のために後遺障害となることがあります。TFCC損傷の場合など、加齢による関節痛があるとされて保険会社はなるべく安い慰謝料にしてしまうことがあります。そういう場合、弁護士に相談すると示談金が増額となる可能性が高いです。それは基準のちがいによります。弁護士に頼むと裁判所の基準で示談金が算出されるのです

たとえ、最初は保険会社に任せていても、提示金額にサインをしなければ、大丈夫です。その金額が納得できないようであれば、弁護士に相談しましょう、フリーダイヤルで無料相談可能な弁護士事務所もあります。土日も対応しますし、夜も10時まで電話が可能ですから、助かるでしょう。こういった弁護士に相談して慰謝料が増額になった例は多いようです。と言いますのも、保険会社は相手側の味方ですが、弁護士は被害者の味方です。慰謝料増額を見込まれることを考えますと、弁護士料はさほど高くありません。その辺りのご不安も電話で相談可能ですから、遠慮なく聞いてみて納得するまで聞きしましょう。特に後遺障害は保険会社は高い金額を払いたくないものですから、うまく言い含められる前に弁護士にあたってみましょう。弁護士は後遺障害を認めてもらえるように尽力することでしょう。そういった事例は幾つもあるので、安心です。弁護士を信じて任せましょう。

≪参考サイト≫TFCC損傷の後遺障害|交通事故被害者救済サイト