交通事故の後遺障害

不幸にも、交通事故の被害者になってしまった場合、怪我をして後遺症がのこってしまうということがあります。そうなると後遺障害ということになり、生活にも不便さが出て来てしまう事でしょう。こうなってしまいますと、治療費等の慰謝料はそれなりの金額を欲しいと思うのは当然の事ですから、しっかりと相手に請求しましょう。何せ、被害者ですから、それなりの保障を受けなければならないと言うわけです。被害者が泣き寝入りすることなど、あってはいけません。

こういった交通事故の後遺障害は様々な種類があります。中でもTFCC損傷はなかなか困ったものなのです。TFCC損傷はスポーツが原因という事が多いようですが、交通事故が原因という場合もあります。症状としましては主に手首が痛いという事ですが、ドアノブを握るのも辛い、フライパンを持てない等、余りに続いたりする場合、これはTFCC損傷の可能性もあります。まして、交通事故で手首をひねってしまったと言う場合も考えられますから、事故後にこういった症状がありましたら、整形外科を受診しましょう。これは治りにくい厄介なものですが、後遺障害と認定されない場合があるのです。

当サイトはこういったTFCC損傷について、ご説明致しましょう。お困りの方がいらしたら、是非とも、ご覧ください。TFCC損傷とはどういったものか、弁護士に相談することで何が得られるかについて、分かりやすく記述致しますので、ご参考になさってください。お困りの皆様のお役に立てれば、幸いです。